今日のいも

あっちはひとりごと、そっちは建前、こっちは考察

「夫叩き」の正義

 

 

本日のツイッターランド。

 

僕が言おうとしてないこと

最初にここをはっきりさせておかなければいけない。

夫の愚痴を言うこと

言うなとは言わん。ていうか言わないとつらくなるだけだし、所詮生き物はすべて皆自己中なので、自分のことを棚に上げて他人の文句を言っちゃうのは†カルマ†だと思う。自由に言ってください。

シャンプーを入れ替えてくれたことに感謝したほうがよいこと

承認欲求は誰しもあるので、どうでもいいことを褒めてほしい。僕も褒めてほしい。僕、こんなにごはんたくさん食べて(横に)大きくなってるよ。えらいでしょ。

 

僕が言いたいこと

愚痴は愚痴でしかない

愚痴は言っていい。いくらでも言っていい。でも愚痴を他人への要求の理由に使ってはいけない。

元のツイートの人がどう思ってるかは知らんけど、もし夫に要求するつもりで言っているとしたら、気づくことが当たり前であると暗に主張しているのだとしたら、それは愚痴ではない。

要求には対価がなくてはいけない

愚痴でなくて、夫への主張、要求をするのであれば、一貫性がなければいけない。これは当たり前の話で、「お前のものは俺のもの、俺のものは俺のもの」は(一般的に)認められないし、要求を一方的にして何らかの対価を与えもしなければ、それはただの奴隷でしかない。

奴隷でないとすれば、それは何らかの対価があるということだから、「私はあなたにこうこうすることを要求する、代わりに私はこれこれをしてあげる」である必要があるだろう。もちろん家族であれば無償の奉仕という場面もあるだろうが、例えば暴力で屈服させ奉仕させることはいくら家族でも許されないだろうから、程度問題に過ぎない。

役割を強制することはすべきでない

要求には対価が必要、というのには抜け道があると思っている。何かと言えば、宗教の教義であるとか、道徳とか、常識とかである。これの使い方はこうだ: 「妻がシャンプーを詰め替えてくれたことに気づかないのは不道徳であ(り人間として劣ってい)る」。

もちろんこれが成り立つ例はたくさんある。人を殺さなかったからといって褒めてもらえるわけではないが、人を殺してはいけない。電車の中では通話をすべきではないが、電車以外なら通話料が安くなるわけではない。

しかしながら、夫婦間の関係にこれを導入することはできない。というか、夫叩きの根源にある気持ちは解消されることはなく、むしろ同じような感情を増やすことになるだろう。なぜならば、これを導入した場合夫はこう言うことができる: 「シャンプーを津詰め替えるのは妻として当然であり、それをしないのは不道徳であ(り人間として劣ってい)る」。これは明らかにジェンダーを根拠とする道徳であり、夫に一方的に欲求したい欲求とは真逆の結果を産むものだろう。

 

では僕はどうしてほしいのか

1つは「これは愚痴である」と明言することである。愚痴であれば何を言っても自由であるから、何を言ってもいいし、誰も何もしなくてよい。

もし愚痴ではなくて主張であるならば、日々夫が何をしてくれているかに気を配り、常に感謝していかなければいけない。これに例外はなく、あらゆることに気付いて感謝しなければいけない。なぜならば夫の「たまたま気づかなかっただけ」という言い訳を防ぐためである。あるいは、ジェンダーを論拠としない道徳として世の中に広めてもよい。

もしそんなことができないと思うのであれば、夫に何を言われても言い返せないだろう。もしそれでも感情的に言い返すのだとしたら、それも人生である。人間は自己中であるから、仕方がない。

しかし、もはやその段階では何をされても、本当に何をされても文句を言えないだろう。自分が自己中であるためには対価が必要であるから、相手も自己中であることを認める必要がある。自己中であるから、相手の都合など知ったことではなく、自分の優位な点をあらゆる面で利用し追いつめてくるだろう。(そういうの嫌いじゃないけど。終末もので生きるために殺しあう話とかおもしろいし…)

っていう話をしたんだけど、ぶっちゃけこれどんな話にも当てはまる。人間が正義を主張する時は何らかの反対勢力に対峙しているときで、正義のためには罪の意識を感じずに異教徒を殺したいとか、自分を抑圧する社会に対抗したい時とかである。つまり、正義は常に自分が不利な時に用いるものだ。自分が有利なら正義など持ち出さなくとも勝てるからだ。

この話の中で現実的な解決策は2つしか出ていない。愚痴として自分のわがままであると自分で認めるか、あるいは「道徳」であるとして叩くことだ。しかし後者は前に述べた通り、間違った論拠を用いて行うと恐ろしく威力のあるブーメランが飛んでくる。ここで使うべきは正義だ。ブーメランが飛んでこないよう、正義でぶちのめすしかない。せめて正義を貫き通してくれ。正義のヒーローみたいに、真の正義とは何か悩み続けてくれ。

池の水だいたい抜かない

世の中には水を抜かなければいけないほどの池がいくつぐらいあるのか。

 

そう思って、まずは日本には池がいくつあるのか調べた。BBCニュースの記事によると、

 

 

愛知県の乗馬クラブから脱走したシマウマが鎮静された後に池に落ちて死亡したらしい。南無南無。

 

何が言いたいかというと、文字を書くのがめんどくさくなったので支離滅裂な文章を書いてみよう。

 

支離滅裂な文章を書くのは意外と難しいように思っていて、それは脳内で思考がぐるぐるしているからなんだけど、だから日本人にとっては電磁波というもの馴染みがないが故にシマウマはおいしい。

感謝のこわいところ

 

これ見た時に、なんとも底知れぬ恐怖感を抱いてしまった。

 

突き詰めれば、「人への感謝すらできないクズは死ね」になるんだろうが、そこまで掘り下げるのはちょっと無理がある。

 

で、考えて最後に至ったのは親が子どもに言う「嫌ならサッサと家から出て行け」の怖さなのかな、ってところ。

 

皆がそういう考え方をしたら社会は間違いなく崩壊するので、社会としては認められない論かなってところ。

 

伊方原発云々のネット世論

厳しい…

 

 

 

 

スケールが大きすぎる話なのでアレだけど、九州が滅びるときはそれどころじゃないってのは厳しい。いや実際そうなんだけど、現時点で主張するのは厳しい。

 

例えば北朝鮮が核ミサイル打ち込んできて関東がやられたとかなった時に、普通に武力を伴う治安維持が入るだろうけど、今はそれを前提に議論はできない。してはいけない。

 

ていうかそこらへんの話はちゃんと決定要旨に書いてあって、

 

「そんな破滅的な噴火を考える意味はあるの?」ってちゃんと言ってる。

これに対して「意味ないとは思うけど、そこらへんは裁判所が判断するより原子力規制委員会が判断したほうがいいよね、だから裁判所は委員会の基準を厳格に適用するよ、その結果運転は認められなかったよ」っていうこと。

 

裁判所に訴訟起こされても委員会の案に従う以外の事はしないよっていう意思表示なのかな感はある。

 

ただ、充分に論理的だとは思うけど、これ誰も得しなさそうなのが唯一の問題の気がする。叩くならここでは。

いかがですかね。

自民党の憲法改正らへんの話

自民党がする憲法改正の話がことごとく問題だらけで、嫌になったのでつらつら書き連ねる。

 

まずは自民党改憲案の話。

「個人の尊重」の個を抜くやら、家族を助け合えやら、挙げ句の果てに「自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し」なんて言っちゃうし、基本的人権を「公の秩序」なんて曖昧なもので制限する。国民に憲法遵守義務なんかを課す。

 

いやもう意味わかんないすよ。唯一理解できるのは、徹底的に政府に都合がいい憲法を作りたいんだなってところ。

わかりやすくするため〜って言うなら他に解釈の余地がないぐらいきっちり書けや。「権利には義務が伴う」あたりの話は、「赤ん坊には権利は一切ないのか」で片がつく。やめてほしい。

 

そのあとは安倍首相の発言がいろいろあったけど、大きいところだと「高等教育の無償化のための憲法改正」だろうか…

その改正にかかる費用を直接くれよ。

 

で、2017年衆院選の選挙公約。

自衛隊の明記、教育の無償化・充実強化、緊急事態対応、参議院の合区解消など四項目」だそうですよ。

緊急事態対応の条項は、自分は好きじゃないけど、まぁ「意見が分かれる」の範囲内だと思う。

その他はもうダメすぎるでしょ…

自衛隊の明記は9条2項を変更せずに付け足すらしいし、「自衛隊違憲だと言われ続けて隊員がかわいそう」だから改正したいらしい。いやいや、違憲の可能性がある状態にしてるのは誰すか。自衛隊の最高指揮官って誰でしたっけ?

しかも「かわいそう」だから600億円かけて国民投票やるんですか。隊員の方々はもちろんそれ以上の利益をもたらしてくださるってことですよね。

参議院の合区は何もかも変えないといけない、参議院の位置づけは何なのか、都道府県の代表にするのか、なら都道府県ごとに均等に割り振るべきではないか、そもそも都道府県の代表は知事であって国政に持ってくる意味はあるのか、都道府県の定義は、などなど1つ1つ考えてから、平等権から始まる実に多くの条項を変えなくちゃいけない。

教育の無償化なんて論外ですよ。そんなの法律でやれ。いつか変な勢力が高校を有償に戻すんだ、とか思ってるなら方法の1つとしてありだけど。

 

全部思いつき、改憲のための改憲。少なくとも、自分は自民党のデタラメで行き当たりばったりの改憲関連の話はめちゃくちゃ嫌いだし、合理的じゃない。とてもじゃないけど投票する気になれない。憲法以外は好みがどうぐらいで叩きまくるほどじゃないし、そこだけどうにかしてほしい。

結婚が重い

この歳になって結婚を頭の端っこに入れるけど、考えれば考えるほど結婚が重い。

 

何が重いって、ものすっごい固い契約が気持ちっていう不安定極まりないものをベースにしてるのが重い。

 

結婚すれば夫婦の財産は実質半分こだし、一生付き合っていくの前提だし、子どもの養育教育と金かかること盛りだくさんなのにあらゆることが法的義務で日本で生きる限り真っ当なままには逃げられない。

おまけに子どもに至ってはぼくに何をしてくれるのか。期待できるのは自己満足と年取った時の介護ぐらいじゃないか。

 

それに比べて、ベースにしているのが全て気持ちだ。恋愛結婚だ、夫婦の絆だと言う。夫婦なんて相手のあらゆることを知ってて当然だから、相手を嫌う材料なんていくらでもある。しかも人間は先入観に影響されるので、嫌いになったらとことん一直線だ。

介護だって気持ちだ。いくら生活が厳しくても無視し続けるなんて簡単だ。夫婦共働きじゃないと生きていけない時代に誰が親のために滅私奉公できるだろうか。

 

今や嫌なことは嫌だ、気持ちこそが重要だという時代だ。実害がなくてもセクハラ発言はダメ、ポリコレだヘイトスピーチだ、相手が嫌だと思ったらそれはマナー違反なのだ。結婚という契約関係ですらそれは成り立つ。

なのに結婚はガチガチの契約だ。気持ちに左右される契約が結婚の他にどこにあるのか。

 

それがいい悪いの話ではない。しかし感覚として結婚はリスキーすぎる。なぜ相手が嫌だと思っただけで、財産を分割され、下手したら子どもすら持っていかれて、でも養育費は払えと、これがリスキーではなくて何というのか。

 

今までは結婚は義務に等しかった。だからみんなリスキーでも結婚した。

でも今は違う。結婚しないという選択肢がある。気持ちなんて不安定なものの上に建てた家に誰が住もうと思うだろうか。その家に住めるのは気持ちが強固であると思っている人だけじゃないか。

思っている、なんて普通なら無責任にもほどがある。でもそれでいいのだ。

 

これで誰が結婚しようと思うだろうか。きっと愛の力は気持ちを強固するのだと、いい歳をした大人のうちでも、そう狂ったように信じ込める人たちが結婚するのだ。

 

ぼくも是非結婚したい。

日本は暴行OKな国らしい

んわけあるかいな。

 

 

この手の記事によくある主語が大きすぎるやつ。

女性店員の胸を触る男性客とか普通に犯罪だけど、法律上の犯罪と日本人の性犯罪に対する見方をごっちゃにして問題が見えなくなってるように感じる。

 

間違っていること

1.暴行は犯罪であること

当然のように犯罪ですね…

広義で実質的な効果がないと言う意味で述べるなら、警察を呼んだ場合の対応で決めるべき。残念ながら国家機関が一切関与していない状態で国全体がそうであるかのように述べるのはNG。

例を出せば、街中で覚せい剤やってる人たちがいたからその国では覚せい剤OKだと結論づけるのと同じ。

 

問題の原因を見誤っていそうなところ

1. 「セクハラは暴行」ではないこと

「見知らぬ女性の胸を触ることはセクハラであり、暴行ではないという意識が日本人の一部にある」という話。たぶん海外の人は「それはセクハラではなく暴行である」って考え。

どこからが暴行かはその国の人が決めるべきで、海外の人に云々言われるところではない。

逆にセクハラと暴行を同列に扱うのは範囲が広すぎるのではないか(全てのセクハラは暴行と同じくらいの重い罪であり同等に罰せられるべきなのか?それを求めているのか?)。

本当の問題は「暴行として扱われるぐらいの強い苦痛を感じる行為を暴行として扱わない人がいること」。

 

2. その主張の正当性をどこに置くのかというところ

まとめ部分に以下のような記述がある。

冗談で済ませちゃいけない問題なんだ、犯罪なんだ、というのは各国からのコメントを読んで初めて気付きました。」

「初めて気づいた」というのは微妙な話で、今まで冗談で済んでいたならそれは冗談ではないかという反論ができてしまう。冗談でする行為を何でも勝手に犯罪にされちゃ困る。

「人には冗談と言われるが、自分は非常に強い苦痛を感じている」から犯罪にすべきなのであり、冗談で済ませられるなら冗談で済ませればいいのでは。

 

まとめ

まず第1に主語が大きい。主語が大きすぎると愚痴にしか見えない。

この話で1番の問題は「犯罪が犯罪として認知されていないこと」であって、「日本では暴行OKである」ことではない。

「日本は遅れている」という印象を皆に伝えたいのならばいい記事であると思う。