今日のいも

あっちはひとりごと、そっちは建前、こっちは考察

登山という「危険な行為」と自己責任

今日Twitterを見ているとこんな記事が流れてきた。

www.yomiuri.co.jp

事故については不幸なことであったし、危険を冒して救助に挑まれた隊員の方々の苦労と勇気に敬意を表したいと思う。

 

気になったのは、同時に流れてきたある人の意見である。いわく、

「これで次から救助されなくなったよ、登山家さん残念だね」

「わざわざ危険な行為をして死にかけた人を、危険を冒してまで助けに行ったのに訴訟なんてしたらこうなるに決まっている」

というものである。

 

確かに危険を冒して救助するというのは大変なことであるし、結果として登山者が亡くなったことに対し賠償を求めるというのは恩に仇を返すような行動に見えることも理解できる。

 

しかしながら、別の記事を見てみると

mainichi.jp

『報告書で、つり上げ用具がすり抜けた要因として「男性が負傷の痛みで姿勢を変えようとした」など三つを挙げたが特定しなかった。遺族は示談で市に賠償を求めたが、市は過失を否定したという。』

とある。

気がかりなのは『登山という「危険な行為」の結果なのだから何があっても仕方ない』という見方である。

 

登山する前提として、万が一不幸なことがあっても仕方ない、山には危険が多いのだからという登山者の心構えは必要である。実際そのような認識で登山を趣味としている人は多いと思う。

しかしながら、その認識を登山をしない人たちから押し付けるのは間違っているように思えてならない。「危険な行為をしている人は自己責任でやっているのだから、つべこべ言う権利はない」「危険な行為の結果に他人を巻き込むな」という考えである。「もし救助隊に過失があっても、助けてくれた相手に対して争うべきではない」という考えである。

危険な行為をした人の命や権利は尊重する必要がないという考え方に恐ろしさを感じるのである。

 

結果としては訴訟は他の登山者にとって不利益を生んだわけで、正しい行動であったかは私自身疑問に感じているのだが、登山者が死亡した直接の原因は救助中に起こった事故であり過失の有無を争うことは一種の権利であると思う。

危険な行為というのはその権利すら相殺すると考えられているのだろうか。この考え方は大きな問題を含んでいるように感じる。

 

この考え方に対して、少し検討したいのは「登山はなぜ危険なのか」という点である。

山岳遭難発生状況(平成26年中)/長野県警察

この資料によると、遭難原因の上位4つは「転・滑落(36.8%)」「転倒(22.1%)」「疲労凍死傷(12.5%)」「道迷い(11.4%)」である。次に「病気」「落石」が続く。

転落・滑落・転倒は登山中に足元の不注意によって起こるものである。疲労・道迷いに関していえば登山者の体力不足・準備不足が主な原因として挙げられる。

この資料をもとに言えるのは「登山者の認識の甘さにによる遭難は全体の24%ほどに過ぎない」ということである。もちろん転落など足元を常に注視していれば防げる事故ではあるが、多くの登山者がいれば足元の不注意による事故はそれなりの回数が起こり得ることではないだろうか。

また冬山に関して言えば、そもそも計画する段階で相応の装備・準備が必要であるし、難度もぐっと上がる。したがって準備不足により起こるような事故はさらに少ないだろう*1

 

これらを踏まえて言えば、山岳遭難で起こりうる事故の半数以上はやむを得ない事故であり、予測が難しい事象である。自己責任と言い切るには、また「危険な行為」と言い切るにはいささか小さすぎる過失ではないだろうか。

 

繰り返すが、登山者は自己責任の原則を持って登山をし、万が一の事態でも他人に頼り、また他人に責任を押し付けるなどの行為はすべきではないと思うし、それを受け入れられる人のみが登山を楽しむべきであると思う。

しかしながら一方で自己責任の原則を登山者に押し付け、助かるはずの命を見捨てても構わないという考え方は間違っているのではないだろうか。また「危険な行為」をしたことをあらゆる権利を放棄したかのように見ることは、決していい結果を生まないと感じる。そしてこのような考え方が、もっと大きな、より多くの人が不利益を被るような「自己責任論」に発展してしまうことは起こってほしくない。

 

*1:ただし、これに関しては資料を見つけることができなかった

回路とプログラム

 じゃがいもです。

 

 某コンテストに出場するため、計器類のシステム(おおげさ)を製作するというある意味とても貴重な経験を現在進行形でしています。

 

 中学の時にゲームを作りたいと思いC言語を学び、高校の時に理科部で製作していた掃除機のモータを使ったホバークラフトをPCから制御したい、というなんとも無茶なことから初めて(結局両方完成せず)、そこからは成長する人格と同じくらいの歩みで自分の技術も進歩してきた気がします。

 

 それを全部ひっくるめて人様に見せられるものにしろ、という案件ですから何とも厳しいものです。ピンチはチャンスという先人の言葉がありますがまさにその通りだと思います。実際は先人ほど切羽詰まってないはずなんですが、なぜか苦しいんですね、なんででしょうね。

 

 しかし、自分が作ったものが完成するビジョンが見えないのも確かで、完璧なものを作るのは不可能と分かっていながら脳内では完璧なものを目指すわけです。そのギャップを埋める技術というものをまだ持ち合わせていないようです。

 ものを作って完成させた経験を持つ人が周りにたくさんいる環境に生きてるはずなのになぜ、と この文章を書いていて気づきました。なんなんだ。

 

 前述の計器類は回路がほとんど仕上がっていて、今後はそれを結合して動作させるプログラムを書いて、動作確認して、という感じです。完成とは何なのか、ひとまずの完成像を追い求める3週間です。ヤバい。

 完成したら一通り使った技術(おおげさ)とかポツポツ書けたらなと思ってます。

 それにしてもハードとソフト両方やるのってハード…

限界

いもです。ちょっと「自分の限界」についてメモがきします。

 

「自分の限界を見極める」って大事だと思います。「限界」まで頑張って成功したときの喜びは大きい、みたいなのをたまに聞きます。

でも「限界」ってなんだろうって考えると意外に明白な答えが出てきません。

 

1つの目安として、万策尽きる状態までひたすら進み続けて力尽きればそれは「限界」でしょう。しかし、力尽きるというのは普通の人が容易にしてよいことではありません。力尽きては自分から助けを求めることができないからです。

 

ここで考えなくてはいけないのは「力尽きる『限界』」と「自分ができる『限界』」があるということです。前述した「自分の限界を見極める」で求められている「限界」は後者です。自分のできる範囲を見極め適度な頑張りをする。

ところが、後者の意味の「限界」は他人が見極めるのは非常に難しいです。「自分ができる『限界』」の判断は個人の価値観に依存するからです。

この2つを区別せずに苦しんでる人って結構いるんじゃないかな、となんとなく思います。本人は「自分ができる『限界』」だと言っていても、他人から見ればまだまだのように見えるかもしれません。その様子を見ているのはじれったく、「もっと頑張れ」と言ってしまいたくなります。

でも人間は常に「自分ができる『限界』」に挑み続けられる強い人ばかりではありません。また、力尽きてよいのは自分の意志に基づいて行動しているときだけです。力尽きても誰も助けてくれないからです。

 

自分はというと、人に「限界」まで頑張ることを強制してくないな、とずっと思っています。できなければそれは自分のせいです。自分の力不足です。それだけです。それだけのために人にそこまで強制できないです。

結局は、誰かに半強制されて「力尽きる『限界』」に達してしまうことは極力避けていくのが必要だと思います。理想が高い世界では特に。大人になってからだと"安全に"力尽きるのは難しいですから…

鳥コン

春休みはとっくに終わりましたが、春休みが終わる頃の話をします。

 

なんか鳥コン受かった

 

鳥人間コンテストって例年9月にテレビで放送されてる大会があります。当然それなりに知名度もあるので、今までは

「あー鳥人間コンテストってテレビでやってるあれ?テレビ出てるの?」

「残念ながら出てないんすよ…」

ってのを2年間幾度となく繰り返してきました。

 

4月上旬、春休みももうすぐ終わるってときに書類選考の結果がきて、出場権獲得、またはお祈りってなります。

 

で、書類見る前は何とも言えない感慨が…くると思ってたんですが、実際は

 

やべえぞこれ

 

ってのだけ考えてました。3年生をぬるっと過ごして大学生活終わるつもりだったのに。

 

というわけで、ヒマな時はぽつぽつ進捗報告をしていこうと思います。

成人式

成人式にいってきました。

 

正直、市外の中学に進学した身としては何とも言えない恐怖に襲われるイベントになってしまった気がしてなりません。

もともと小学校にうまく馴染めていなかったこともあり、地元の友人との交友は皆無なことから成人式に一人で行くことになるのではと高校生の時から怖くてなりませんでした。幸い、中高の同級生がいたので一人でということは避けられましたが。

 

市外の私立中学に進学した人って、こういう時どうしているんでしょうか…

元日

 あけましておめでとうございました。

 

 福袋を買いたかったのに定期代に圧迫され諦めた元日でした。earthの福袋買って女装したかっゲフンゲフン

 

 今年は積極的に写真に残せるようなことをしていこうと思います。ミラーレス一眼買わなきゃ(おいバイト)

でっぱつ

 お腹すいたから作った

 

 もう今年ももうすぐ終わりですね

 何をしてたか分からない1年だったので新年は出来たと言える1年を目指したいところ

 どっか出かけたとか何かしたとか写真にまとめて載せていこうかと思ってる