読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のいも

あっちはひとりごと、そっちは建前、こっちは考察

「論理的」の戦い

高浜原発に関して、裁判所の運転差止の仮処分が話題になっている。私は理系の大学生であるから、Twitterを見ていると原発に過剰な批判を行う人を技術的な観点から批判する意見を多く見る。私はその主張の多くは科学的に正しいと感じるし、原発自体に危険性があるとはあまり思わない。

しかしながら、そのような主張の多くは福島第一原発の事故に至るまでの原子力そのものの歴史や、事故がもたらした結果を過小に見過ぎているように感じる。この部分を正当(多少過剰な気はするが)に評価した結果が今回の差し止めなのではないかと思う。

まず、福島第一原発の事故までの歴史を考えたい。いわゆる原発の「安全神話」に代表されるように、原子力そのものがもたらすリスクは小さくないにも関わらず、政府や原子力事業者は極力小さく見せようとしてきた。電力需要やコスト、様々な要因があるにしてもそのように主張してきたことは事実である。
この主張をずっと続けてきた果てに住民の大規模な避難、大きな風評被害を伴う事故が発生したわけである。事故は原子力の負のメリットを一気に露呈してしまった。夢のエネルギーが一気に負の要素をばら撒き始めたのだから、信用がなくなるどころの話ではない。
ここで重要なのは絶対的な安全性とかいう話ではなく、言うならば長年付き合ってきた友人が殺人で逮捕されてしまったとか、そういう話である。そんな状況で友人関係を続けられる人がどれだけいるだろうか。もちろん友人の性格が変わったわけでもないし、社会復帰の可能性は十分にあると思う。友人が「もう2度と殺人はしない」と言ったとして、信じられる人がどれだけいるだろうか。
技術的に見ればそういう考え方は明らかに間違っているが、人間が判断する時というのは信用というものが大きく関わるし、関わることが間違っているわけではない。
「技術的安全性」「信頼関係」のどちらを基準とするか、そしてそのどちらを判断基準としても論理性は保持されるだろう。

次に原発の稼働により得られるものと侵されるものの違いである。
事故を考慮しない場合、原発の稼動で得られるメリットは非常に多い。電気の価格、安定供給であるとか、二酸化炭素排出の抑制であるとかである。
一方事故を考慮した場合、事故発生時に侵されるものは人命であるとか、資産を保持する権利のようなものである。風評被害も他人の利益を大きく損なう。
ここで重要なのは、事故発生時に侵されるものは国民の基本的な権利として認められているものが非常に多い点である。これがなければそもそも国が成り立たないので、重要度は非常に高い。一方メリットとして得られる点は電気代の安さとか企業の利益である。しかしながらこれらは人権に関わる部分や資産を侵すことが許されるほど重要な権利とは(少なくとも建前上は)見なされていない。したがってデメリットが優先されるのは当然のことと言える。

これらの理由から、どのような結果を導くことができるだろうか。
問題になるのはデメリットが発生する確率を多く見積もる場合である。デメリットが発生する確率というのはある程度科学的論理性をもって判断することができることになっている。ところが原発に関しては災害という未知のリスクファクターが大きく影響する。災害といういわば確率でしか判断できない事項を専門家でない人が、しかも白黒はっきり判断しなければならないとすれば、信用の観点から判断せざるを得ないのではないだろうか。ここで原発関係者を「専門家」と見るか「事故の責任者」と見るかで評価は大きく変わる。
結果として原発の運営母体に対する評価が再稼動の判断を左右しているのである。「専門家」として見ていれば「数十年安全性を保ってきた技術を無視するのは、原発の稼働差止は科学的根拠に基づいていない」となるし、「事故の責任者」としてみれば「事故を起こしてしまった人を全面的に信用は出来ないから、少しでも不安要素があれば止めざるを得ない」となる。
後者は論理的ではないのだろうか?殺人者と友人関係を切った人は論理的ではないのか?

結局は立場の違いから観点を変えざるを得ないのである。そして、国を維持するという観点から見れば「信頼」を重視するしかないのである。だから科学的根拠に基づいていないと原発反対論者を批判するのはある意味筋違いであるし、前提条件を無視しているように思う。

追記:
もっとも、信用云々以前に災害時に耐えられるかどうかは技術的にも割と怪しい気もするよね、災害の起きる確率が低いから無視されるだけで。技術的な安全性の話は他の専門家の意見を聞くしかないから判断できないけど