読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のいも

あっちはひとりごと、そっちは建前、こっちは考察

自衛隊違憲なのに守ってくれは無責任?

 

なるほど、言いたいことはわかる。社員に怒号を浴びせ、無理を言い通してきた社長が、辞めると言ったら君がいないとダメなんだ助けてくれ、は都合がよすぎるだろう。

 

…いや、本当にそうだろうか?

 

これが話を拗らせているのは、誰の立場で言っているのかをはっきりと示していないからだ。

よく考えなくてはいけない。これを言っているのは日本国の内閣総理大臣だ。そして内閣総理大臣には自衛隊の最高指揮監督権がある。法律により制限されるとはいえ、自衛隊に守れと命令するもしないも内閣総理大臣の権限だ。

それだけではない、内閣総理大臣はまた行政の長だ。内閣の法律案提出権は当然あるが、あくまで法律を決めるのは国会であり、国会議員の総意である。また、憲法に至っては国民の総意で決定される。

 

つまり、こうなる。

内閣総理大臣は、そもそも怒号を浴びせられている社員の側だ。社長の決めたルール(憲法)を破るな、と怒られているのに、「これも社長のためにやったことです、そんなくだらないルールは変えてください」と言っているのだ。

それもルールは絶対的である。一般的に絶対的ルールと言えば、人を殺してはいけない、と言ったところか。「人殺しもボスのためにやったことです、人を殺すななんてくだらないルールは変えてください」

 

確かに、社長のルールは正当かどうか、という疑問が出るだろう。しかしながら、憲法について言えば正当であることは定義からして明らかである。なぜならば憲法は国民が決めた政府を縛るルールだからである。

社長の命令を守るならばお前は社員でいられるのだ、という絶対的なルールである。憲法より上位にあるルールはない。一般的な倫理観でさえ、政府に対する強制力は持たない。

 

世界が荒廃して、あらゆる場所が無法地帯になったとしよう、そこである人がこう言うのである。「人殺し禁止なんてルール誰も守ってない。ボスは何も命令しないけど、俺たちは皆のためを思って自発的に他のところに食料を奪いに行ってるのに、人殺しをすると激しく怒る。ボス、こんなくだらないルール理不尽すぎる、皆がかわいそうだ」

 

どうだろうか?

ボスは「都合がいい」ことを言っているのか?無責任だろうか?

 

無責任だとしても、あくまで「皆を守ろうとしないこと」ではないのか?「部下がルールに反してやった」ことを怒るのは当然ではないか?

 

ルールはルールなのだからちゃんと守れ、と言うのも、仕方がないからルールを変えよう、と言うのも、ボスの選択次第である。

しかし、ボスの決めたルールを破って怒られているのに、ルールがいけないのだ、お前は無責任だ、と言うのは単なる逆ギレであるし、道徳的にも良しとはされないだろう。目的とルール遵守が逆転するなど日本人の十八番ではないか。

 

逆ギレなんて、そんなことが正しいわけがない。内閣総理大臣としてふさわしくない発言であるのは明らかだ。