今日のいも

あっちはひとりごと、そっちは建前、こっちは考察

合理的と平等・差別・人権

航空機に搭乗する際にうんちゃら(書くのめんどいのでリンク)が今アツい。

バニラ・エアが燃えている。しかし、木島さんも燃えている – アゴラ

 

Twitterを見ていると「航空会社に事前に連絡しなかったせいだ、準備ができなかっただけだ」とか、あるいは「この人はもともと障害者支援団体のプロだ、相手の準備ができていないのを分かっていたのだ、これはパフォーマンスだ」とかいう意見が流れてくる。
実際のところは、まず前者ならそもそも設備がなく断られていたらしいので乗客の行動のほうが正解らしい。
後者については、上にリンクを貼ったページの情報が正しければ、行きは乗れたが帰りは危ないから乗るなと言われたことになるが、実質的に置き去りになってしまうというのはどう考えてもおかしいだろう。
間違えてはいけないのは、航空会社側の補助ができない理由自体は安全面の配慮から正しい。別に職員の対応が悪いというわけではない。ただ設備が整っていないのがいけない。

 

この手の話の時になんか前提が欠けてるよなぁ、と思うので書いておく。

 

合理的だからと言って何もしなくていいはずがない

車椅子用の設備を用意しないのは、航空会社にとってみれば明らかに合理的である。なぜならば車椅子の方は圧倒的少数であり、追加料金を払うわけでもないので、費やした費用は回収できない。

それでも、車椅子だからと飛行機に乗れないと言うのは不公平である。当たり前だ。これから飛行機に乗ろうとする健常者が航空券を取る以外に何をするというのか。

これに対して「特別の配慮が必要であるのだから、事前に連絡すべきだった」という意見がある。しかし普通に考えて車椅子の方の対応に事前の準備が必要だろうか。乗降用機器を買いに行く時間だろうか。

 

一面を見た時に合理的であっても、その裏に大きな非合理的なことがあれば、そちらが優先されるべきである。

 

権利の主張は正当な行為のみでなされるべきか

「パフォーマンスである」という面についての話である。ここでいう「正当な」とは一般的には「世間様に迷惑をかけない」という意味である。確かにこのような立場の方なら、パフォーマンスのために行ったと思われるのも仕方がない。

しかし、パフォーマンスをしに行ってはいけないのだろうか。

もしパフォーマンスではなく正当にいくならば、航空会社にすぐさま乗降用機器を購入するようにお願いするのがいいだろう。

そんなことですぐさま変わるだろうか?

直接お願いするだけで全てが変わるなら法律で縛る必要などないはずだ。そもそも正当な主張とは何か。それは多数派の決めたルールではないだろうか。

 

一般的に弱者が主張をするとき、世間が正当と認める手段である必要はない。なぜならばその主張は正当な手段を経た後のものである可能性も高いからだ。また、そもそも正当な手段を世間が用意していない場合だってある。

 

この論理は、しかしながらテロなど暴力的な行為も自己正当化できる。これが許されるかどうかはその主張によって弱者が得られる利益と比較するしかないだろう。

人を虐殺してくる政府に対してテロで対抗することはある種正当だろう。しかし車椅子の対応をして欲しいからと言ってハイジャックはやりすぎだ。今回のケースなら航空会社の評判を落とすという手段だが、許容される範囲ではないだろうか。

 

 

必要な前提はこんなところだと思う。後者の話は差別全般の文脈で出る話なので、調べればいくらでも、そこらの凡人なんかより優れた人たちが緻密に考察し、発表している。

そういう緻密な考察から得た結果をスタート地点として考えるほうがいい議論になるのではないだろうか。