今日のいも

あっちはひとりごと、そっちは建前、こっちは考察

結婚が重い

この歳になって結婚を頭の端っこに入れるけど、考えれば考えるほど結婚が重い。

 

何が重いって、ものすっごい固い契約が気持ちっていう不安定極まりないものをベースにしてるのが重い。

 

結婚すれば夫婦の財産は実質半分こだし、一生付き合っていくの前提だし、子どもの養育教育と金かかること盛りだくさんなのにあらゆることが法的義務で日本で生きる限り真っ当なままには逃げられない。

おまけに子どもに至ってはぼくに何をしてくれるのか。期待できるのは自己満足と年取った時の介護ぐらいじゃないか。

 

それに比べて、ベースにしているのが全て気持ちだ。恋愛結婚だ、夫婦の絆だと言う。夫婦なんて相手のあらゆることを知ってて当然だから、相手を嫌う材料なんていくらでもある。しかも人間は先入観に影響されるので、嫌いになったらとことん一直線だ。

介護だって気持ちだ。いくら生活が厳しくても無視し続けるなんて簡単だ。夫婦共働きじゃないと生きていけない時代に誰が親のために滅私奉公できるだろうか。

 

今や嫌なことは嫌だ、気持ちこそが重要だという時代だ。実害がなくてもセクハラ発言はダメ、ポリコレだヘイトスピーチだ、相手が嫌だと思ったらそれはマナー違反なのだ。結婚という契約関係ですらそれは成り立つ。

なのに結婚はガチガチの契約だ。気持ちに左右される契約が結婚の他にどこにあるのか。

 

それがいい悪いの話ではない。しかし感覚として結婚はリスキーすぎる。なぜ相手が嫌だと思っただけで、財産を分割され、下手したら子どもすら持っていかれて、でも養育費は払えと、これがリスキーではなくて何というのか。

 

今までは結婚は義務に等しかった。だからみんなリスキーでも結婚した。

でも今は違う。結婚しないという選択肢がある。気持ちなんて不安定なものの上に建てた家に誰が住もうと思うだろうか。その家に住めるのは気持ちが強固であると思っている人だけじゃないか。

思っている、なんて普通なら無責任にもほどがある。でもそれでいいのだ。

 

これで誰が結婚しようと思うだろうか。きっと愛の力は気持ちを強固するのだと、いい歳をした大人のうちでも、そう狂ったように信じ込める人たちが結婚するのだ。

 

ぼくも是非結婚したい。